Now Loading...

sobakumiai.jp

事業内容

神奈川県そば組合は昭和35年に発足し、半世紀以上にわたり多数の蕎麦屋さん達のお手伝いをしてきました。
これからも組合では、健全で明確な事業をおこない、業界の活性化に努めていきます。

共同購入事業

共同購入事業

組合員が必要とする食材等を組合がまとめて購入し、組合員に供給する事業です。仕入価格の引き下げ、取引条件の改善、品質の均一化などが図れます。
(例:小豆島「島の光」そうめん)

販売促進事業

販売促進事業

季節催事などに沿ったメニューなどの販路拡大を図るため、組合員が一団となって共同で行う事業。この事業では、広告・宣伝、共同販売、ポイントサービスなどをおこないます。

福利厚生事業

福利厚生事業

組合員の私生活面の利益を増進するための事業で、火災見舞い金や死亡弔慰金の支給、親睦旅行、レクリエーション活動などがあります。

SNS・ネット事業

SNS・ネット事業

携帯電話(スマフォ)の普及でLINE、インスタグラム、facebookなどのSNSを活用する店主、従業員が増え、連携、情報交換のツールとして多く利用されています。そば組合でもIT事業を強化しています。
(ホームページの活用、広報事業への活用)

神奈川県そば組合加入案内

お申込みは本部事務局にて承っております
お電話、またはお問い合せフォームよりお気軽にご連絡ください。

組合費: (月額)
2000円

※県下各支部では別途支部費がかかる場合があります。

【本部事務局】TEL:045-263-1531

【営業時間】平日:10:00 -17:00 (土日祝以外)

組合へお問い合せをする

麺産展-2019

東京都麺類生活衛生同業組合

神奈川県そば組合facebook

生活衛生同業組合